musica ex machina

『休日はゆっくり音楽鑑賞』な僕が好きな曲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

A long long time ago, there was a clever girl
She was so cute, glamorous and ambitious
She heard on the grapevine, so the story goes
The prince is looking for Cinderella

She waited in the line to get a better class
And stayed up all the night to slip on the tender glass
"Oh my god. It does not fit for me…"
"I don't care anymore. " She crammed it into the wheel
She never gave up wearing with her bloody heel
Your destiny should be changed by your hand
It's needed by all over the world now

I'm crazy for you
You're the one for me
Keep on loving you
Would you marry me?

It's twelve o'clock midnight
The long hand hugs the short hand
But still goes on, the unbroken spell
She is still here

I can hear the sound of wedding bell
Bless our kiss and my promised life

"Wherever can your pumpkin cab be?"
"I ate it by cooked in soy source"
"It sounds good. I hope you'll cook for me. "
Yes, she has a nerve
It's needed by all over the world now

I'm Crazy for you
You're the one for me
Keep on loving you
Would you marry me?


(対訳)
昔々あるところにとても計算高い女がいました
彼女は艶やかで美しく、そして野心家です
どうやら1つ風の噂を耳にしたようです
王子がシンデレラという女を探しているらしい、と

前日徹夜で行列並んで我先にと靴を履きます
まずいぞ、しかしサイズが合わない
かかと潰して無理矢理シンデレラ
ガラスで若干血まみれですが
そうさ、今のご時世
運命は自分の手で手繰り寄せるもんさ

もう君に首っ丈さ
僕の運命の人なんだ
君を愛し続けるよ
僕と結婚しないかい?

時計の針が頂上で抱き合う
十二時過ぎても魔法は解けない
君は消えない

教会の鐘の音が響き渡り
誓いの口付けを終えた二人を祝福している

王子はふと疑問に思った
あの時のかぼちゃ型の馬車はどうしたの
「…馬車は煮付けて食べました。」
「それはおいしそう、今度僕にも作っておくれよ」
そうさ、今のご時世
それくらいの図太さも必要なのさ

もう君に首っ丈さ
僕の運命の人なんだ
君を愛し続けるよ
幸せになろうね

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


パッヘルベルのカノンのカバーといえば。

山下達郎さんの「クリスマス・イブ」とか、有名な曲はいっぱいあるけど…

僕にとっては、この曲の印象が強い ∑d(≧▽≦*)



バイオリンの音色最高やし。

ストーリー性のある歌詞も最高やし。


エモの中では、ベンチマークとなるバンド。

めっちゃ好き ∑d(≧▽≦*)
スポンサーサイト
テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽



ワンピースが好きで、オファーもないのに勝手にテーマ曲を作ってみました、みたいなことをライナーノーツに書いていた曲。


ここでドヴォルザークの新世界を持ってくるあたり、さすが金井さんやわ。



…けど。

ワンピース言うには、ちょっと歌詞に救いがないような…

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

果てしなく広がる海原で
板切れ一つにしがみ付くような
日々にもう嫌気が差して
少年は貨物に紛れ込んだ
近づく足音と反比例して
吐く息をそっと殺していく
僕は僕を密輸する
だって待ってたって助けなんて来やしない
誰1人来やしないよ

どれくらい経ったろうか
食料や水が尽きて
意識さえも途絶えてく
次に目が覚めた時は
広がる新世界
未だ見ぬ新しい自分
そう信じたいね

両手両足貼付けられて
目覚まし替わりの水を被った
現実はそんなに甘く無いさ
首筋を刃で撫で回して
"何をしに此処へ"と尋ねられた
船長は不適に笑う

"世界が退屈で仕方ないのです"
誰かの航路をなぞってたって辿り着けはしない
新世界へ

"煮るなり焼くなり好きにしろって"
少年は覚悟を決め叫んだ
首筋の刃は食い込んで行く
"世界の退屈を嘆くような
つまらない大人にだけはなるな"
その胸に深く刻む

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


…とりあえず。

アルバム『Roclassick』は、クラシックのロックカバーばっかりでめっちゃ好き。
テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽



バイオリン込みの曲の構成がすごく好き。

独特な音が、自然にメロディに組み込まれてる感じ。


…そして。

この曲は…歌詞が泣ける…

アルバムを通して聴けば、さらに深く理解できるようになっているけど。


とりあえず、この曲の歌詞↓

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

隠れてなんかいないで出ておいで
もういいかい?
まぁだだよ

壁をすり抜け自由自在に空を泳ぐ 
残されている遊泳時間はあと僅か
僕の抜け殻に寄り添い君は黙ったままで
その手を離さない
そんな顔しないでよ
そっと背中抱き寄せた

泣いたり怒ったり
人間は忙しい生き物だろう?
声くらい聴かせてよ

「何だか少し寒気がするの、エアコンをつけて頂戴。」
石橋を叩いて壊すあなただからまだ信じきれなくて
希望とか未来とか二人で描いた予想図は
涙で滲んで乾くまで書き直せやしないの
一人にしないでよ
その手を強く握りしめた

忘れたり覚えてたり
人間って不器用な生き物でしょう?
上手に笑えるようになれるかな
「さよなら」でいいから聴かせてよ
隠れてなんかいないで出ておいで
もういいかい?

どんな深い闇に飲まれて
地の果てで吐き出されていても
必ず見つけ出せるよ
何度でも救ってみせるよ
そこが家の犬小屋だろうと
そこが月の裏側だろうと
必ず見つけ出せるよ
何度でも救ってみせるよ

差し出したその両手をすり抜けると
僕は君の未来へ溶けていく
俯いてなんかいないで
君らしくありのままで
君が世界を敵に回しても
僕が全部味方にしてあげるから
隠れて何かいないででておいで
もういいかい?
もういいよ

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


このストーリーで、

 『「さよなら」でいいから聴かせてよ』

っていう切実な願い…泣けるわぁ ( ノД`)



ちなみに、BIGMAMAは公式サイトで歌詞を公開してます。
テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。