musica ex machina

『休日はゆっくり音楽鑑賞』な僕が好きな曲




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

朝になった 眠れずに 夜が僕に 愛想を尽かせた
声に出して 言ってみる 「僕は一体誰だ」
彼はずっと 気にしてた 答えはもっと 複雑じゃなくちゃ
声に出して 言ってみる 「僕は一体誰だ」

繋いだ手 振り解いて 塞いだ目 その奥で
笑っていて この僕の 存在の意味をくれた君

もう会えなくてもいい このまま言えなくてもいい
あの日あの時の僕らが いつも笑ってたのは嘘じゃない
もう隠さなくていい このまま届かなくてもいい
眠りのない日は続いても 僕らきっとまた笑える

誰もずっと 寂しくて いつもきっと 満たされてたくて
手を伸ばして 触れてみる 「僕は一体何処だ」
彼は今日も 探してた 答えはきっと ここには無いんだ
手を伸ばして 触れてみる 「僕は一体何処だ」

後悔ばかり 繰り返して つまらない 意地を通して
情けない この僕に 存在の証明をくれた君

もう会えなくてもいい このままサヨナラでもいい
あの日あの時の僕らが ここで出会えたのは偶然じゃない
もう無くさなくていい このまま忘れられてもいい
答えは今日も見えないけど 僕らきっと辿り着ける

ひとりきり 繰り返している ひとりごと
僕はずっと呟いてる 大丈夫 大丈夫だよ

「聞こえているかい?」

もしこの歌が届くなら 君だけの歌にすればいい
迷いの森の真ん中で ただ君だけの地図になればいい

もう会えなくてもいい そのままの君でいればいい
進むべき道は違っても 僕らきっとまた笑える

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


初期の疾走感のあるロックもいいけど。

最近の、円熟したこういう曲もいいっす ∑d(≧▽≦*)
テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

僕はそれとなく息をして笑った
青紫の空は 疲れた肌をみせた
見てたんだ 徒然の折り重なる景色の下
一人でずっと膝を抱き 揺れる頬は愛らしさ

僕はそれとなく頷いて笑った
青く光る魂は 疲れた肌を隠した
見てたんだ 徒然の折り重なる知識の山
一人でずっと立ち止まり 見えるものは愛らしさ

息をして 息をしていた
息をして 息をしていた

息をして 息をしていた
息をして 息をしていた

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


…ふと。

「あ、一郎さん、釣り好きなんや」て気付いた PV(笑)


他の PV にしろ、曲名にしろ、バンド名にしろ、

もっと早く気付け ( ゚д゚)=○)゚Д)゚、;' と。

自分にツッコミ入れた PV(笑)
テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽



 『少女は何も見たことない目で
  「これ以上何も見たくないわ」と言う
  どこに居ても鍵を掛けたいの
  アナタにはきっと解らないでしょう?』


この雰囲気、好き ∑d(≧▽≦*)


 『絵にならないの、アタシが生き続けて
  愛される様な明日はアタシを選ばないから
  どれくらい選ばれようとした?
  何かを変えて見ようとした?
  君はまだ生きたことすらないんだよ

  リリィ』


歌詞の世界観、ボーカルの声質。


 『「誰かの絵として生きるのなら
  ありのままではいられないから
  汚れた花を捨てられたら
  アナタの絵として生きていい?」』


この雰囲気、好き ∑d(≧▽≦*)


 『光の街に見離された部屋
  愛する君を救えなかった僕と
  水を貰う術を失くした花
  ここは リリィのいない部屋』
テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

キミと出逢えたこと たくさんの「ありがとう」
夏よ もう少し終わらないで…

ラジオから流れる天気予報 どうやら夕立になる模様
天の川 見れるかな なんてキミは思ってるかな
宿題のペースは全然で だから会いに行く同じ沿線で
カバンには花火を隠して 毎日会ってたSUMMER DAY

「来年は別々だね…」
ナミダが星に変わった

キミと出逢えたこと たくさんの「ありがとう」
夏よ もう少し終わらないで…
今日も八月の銀河を眺めながら 二人を離さないでと祈った
一緒に眺めた二つ星
僕といた夏 忘れないでいて ずっとこの街で待ってる
だから「思いきり夢を追いかけて来い」 握った手のひら小指が痛い
願い事一つ星になる

キミが笑う 僕はうれしい キミが歩く 僕は裸足
キミの話 聞かせて欲しい 日々の轍(ワダチ) それが証
もらった時計は机の中に 変わらず時を刻んでいる
僕等はもう「一人」じゃないよ でもけして「一つ」にはなれないんだ

何を言いたかったんだろう…
何を言えたんだろう…

キミと出逢えたこと たくさんの「ありがとう」
夏よ もう少し終わらないで…
今日も八月の銀河を眺めながら 二人を離さないでと祈った
一緒に眺めた二つ星
僕といた夏 忘れないでいて ずっとこの街で待ってる
だから「思いきり夢を追いかけて来い」 握った手のひら小指が痛い
願い事一つ星になる
「恋していた」なんて言えなかったよ

繋いで もっとココロとココロ
向かって それぞれの未来へ
二人で 歩いていけるかな
距離が二人を分かつとも
繋いで 遠く遠く離れても
過ごして 幾つもの季節を
二人で 歩いていこうよ
アルタイル 僕等の道を照らしてよ

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


懐かしい曲…

ってか、少年カミカゼは復活してたんやね ( ̄□ ̄;)

知らんかったわ (´∀`)






閃光花火 / 少年カミカゼ

<


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

綺麗だった 浮かんでは消えた キミの横顔に恋花火
夜空に舞う色トリドリの想い
夏の恋がはじまる

僕より背の高い アジサイ浴衣姿
並んで歩くのが恥ずかしいと キミは少し離れる
ラムネの瓶に写る キミばかりを見ていた
やけに大人に見えた夏祭り ドキドキが止まらなかった

「もうすぐはじまるよ」と 走り出した僕ら
理由をつけて その手を繋いだら

綺麗だった 浮かんでは消えた キミの横顔に恋花火
夜空に舞う色トリドリの想い
夏の恋がはじまる

林檎飴を買って お寺の裏山のぼる
二人だけの僕の秘密基地 今 花火が上がった

響く爆音に 放った僕の想いは
わざとキミに 聞こえないように
伝えたアイロニー

キミが好きだった ずっと好きだった
今年の夏こそ伝えよう…
綺麗だった 浮かんでは消えた キミの横顔に恋花火
夜空に舞う色付いた華びら
夏の恋よはじまれ
今 打ち上がる

帰り道二人で一駅ぶん歩く
少しでも傍にいたいと 胸に宿る残り火

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽



なんと…

fam も解散しとる (( ;゚Д゚))


ハイトーンボイス、好きやっただけに残念っす…


いいバンドが次々出てくるけど、解散するバンドも多いわ…

…この世界、新陳代謝早いなぁ。
テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽