musica ex machina

『休日はゆっくり音楽鑑賞』な僕が好きな曲



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

去年の今頃もこんなに 寒かったかなと首をかしげ
あの頃はいつでも隣に 君がいたこと思い出してるよ
ふたりでいるのが当たり前に なりはじめたのはいつのことだろう
いつしか君の愛を重荷に 感じてしまい君を遠ざけたんだ
幸せは目に見えないから
そのときは気付かないけれど

冬の足音がほら 確かに聞こえてきた
君のいないこの季節は 少しだけ震えているよ
楽しい時間だけが いつもあっという間だから
今ではあの日の ふたりはやけに遠くにいるようで

何もかも忘れるため 自分の気持ちをごまかすため
ぬり重ねたウソや作り笑いで
はしゃいで 騒いで それでも君を思い出して
見上げればグレーの空の下 山下公園やみなとみらい
記憶と足跡 赤い糸 たどってもそこは君のいない未来
幸せは目に見えないけど
ふたりなら見つけられたのに

君の温もりがほら 少しずつ消えていくよ
今頃君は誰かの すぐ横で笑っているのかな
つらい思い出だって ずっと忘れないから
今さらあの日の ふたりに戻ることはできないから

いつも一緒にいれた日々
もっと大切にするべきだった
あの頃の自分に 今は少しだけ後悔
ごめんね ありがとう 本当に
今なら素直になれるのに

君にもっと大人になってほしいと思っていたあの頃
でも子供だったのは僕だった いつでも自分のことばかり
寒さに震える君の手を 握って温めてたポケット
今はただその感覚を手探りしてる 今でも君が好き

冬の足音がほら 確かに聞こえてきた
君のいないこの季節は 少しだけ震えているよ
楽しい時間だけが いつもあっという間だから
今ではあの日の ふたりはやけに遠くにいるようで

冬が訪れる度 君のこと思い出すよ
今頃君は誰かの すぐ横で笑っているのかな
失くしてわかるんだね 本当の愛の意味が
それでもあの日の ふたりに戻ることはできないから
もう戻れないから 奇跡がおこるなら

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
スポンサーサイト





◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

何ページも費やして つづられた僕らの気分 
どうしてか一行の 空白を埋められない

押し花の栞はさんで 君と転がす使い捨ての自転車
忘れかけの煉瓦を 積み上げては崩した

イコールへとひきずられてゆく こわいくらいに青い空を
遊び疲れた僕らは きっと思い出すこともない

そうやって今は僕のほうへ 押しつける陽射しの束
まだ二人はすぐそこにいるのに 「どうかまた会えますように」なんて
どうかしてるみたい

一ページめくるてのひら くちびるで結んだミサンガ
ねぇ今日も変わらない今日で 雨ふれば電話もできるよ
そうやって今は君のほうへ(いつのまにか切れたミサンガ)
押しつける僕の優しさを(でもなぜか言えないままだよ)
本当どうかしてるみたい

どれか一つえらべば 音をたてて壊れる
それが愛だなんて おどけて君は笑ってた

間に合ってよかった 街は知らないふりをきめて眠った
忘れかけの煉瓦を 積み上げた場所にゆこう

海を見渡す坂を駆け上って こわいくらいに青い空と
右手にサイダー 左手はずっと君をさがしている

そうやって塞いだ両の手で 抱きしめている春の風
まだ時間は僕らのもので 「いつか、忘れてしまう今日だね」なんて
言わないでほしいよ

そうやって"今"は僕の方へ 問いつめることもなくて
まだ二人はすぐそこにいるだろう 「そうだ、空白を埋める言葉は」
いや、まだ言わないでおこう

一ページめくるてのひら くちびるでほどいたミサンガ
始発電車まばらな幸せ ねぇ、今日も変わらない今日だ

本当どうかしてるみたい

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇