musica ex machina

『休日はゆっくり音楽鑑賞』な僕が好きな曲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

キミと出逢えたこと たくさんの「ありがとう」
夏よ もう少し終わらないで…

ラジオから流れる天気予報 どうやら夕立になる模様
天の川 見れるかな なんてキミは思ってるかな
宿題のペースは全然で だから会いに行く同じ沿線で
カバンには花火を隠して 毎日会ってたSUMMER DAY

「来年は別々だね…」
ナミダが星に変わった

キミと出逢えたこと たくさんの「ありがとう」
夏よ もう少し終わらないで…
今日も八月の銀河を眺めながら 二人を離さないでと祈った
一緒に眺めた二つ星
僕といた夏 忘れないでいて ずっとこの街で待ってる
だから「思いきり夢を追いかけて来い」 握った手のひら小指が痛い
願い事一つ星になる

キミが笑う 僕はうれしい キミが歩く 僕は裸足
キミの話 聞かせて欲しい 日々の轍(ワダチ) それが証
もらった時計は机の中に 変わらず時を刻んでいる
僕等はもう「一人」じゃないよ でもけして「一つ」にはなれないんだ

何を言いたかったんだろう…
何を言えたんだろう…

キミと出逢えたこと たくさんの「ありがとう」
夏よ もう少し終わらないで…
今日も八月の銀河を眺めながら 二人を離さないでと祈った
一緒に眺めた二つ星
僕といた夏 忘れないでいて ずっとこの街で待ってる
だから「思いきり夢を追いかけて来い」 握った手のひら小指が痛い
願い事一つ星になる
「恋していた」なんて言えなかったよ

繋いで もっとココロとココロ
向かって それぞれの未来へ
二人で 歩いていけるかな
距離が二人を分かつとも
繋いで 遠く遠く離れても
過ごして 幾つもの季節を
二人で 歩いていこうよ
アルタイル 僕等の道を照らしてよ

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


懐かしい曲…

ってか、少年カミカゼは復活してたんやね ( ̄□ ̄;)

知らんかったわ (´∀`)






閃光花火 / 少年カミカゼ

<


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

綺麗だった 浮かんでは消えた キミの横顔に恋花火
夜空に舞う色トリドリの想い
夏の恋がはじまる

僕より背の高い アジサイ浴衣姿
並んで歩くのが恥ずかしいと キミは少し離れる
ラムネの瓶に写る キミばかりを見ていた
やけに大人に見えた夏祭り ドキドキが止まらなかった

「もうすぐはじまるよ」と 走り出した僕ら
理由をつけて その手を繋いだら

綺麗だった 浮かんでは消えた キミの横顔に恋花火
夜空に舞う色トリドリの想い
夏の恋がはじまる

林檎飴を買って お寺の裏山のぼる
二人だけの僕の秘密基地 今 花火が上がった

響く爆音に 放った僕の想いは
わざとキミに 聞こえないように
伝えたアイロニー

キミが好きだった ずっと好きだった
今年の夏こそ伝えよう…
綺麗だった 浮かんでは消えた キミの横顔に恋花火
夜空に舞う色付いた華びら
夏の恋よはじまれ
今 打ち上がる

帰り道二人で一駅ぶん歩く
少しでも傍にいたいと 胸に宿る残り火

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
スポンサーサイト
テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://muexma.blog.fc2.com/tb.php/187-f7e25263
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。